PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

地域通貨「たま」のわ

地域通貨「たま」は多摩区の中をぐるぐる回るお礼の気持ちです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
◆コロナの影響を受けている事業者を応援したい方へ(つなぎ堂より)

よく行っていたお店、通っていた場所、いつもお世話になっていた人…。
新型コロナで事業を縮小・休止せざるを得ない事業者や団体を応援する方法、一緒に考えませんか。
「つなぎ堂」の長谷山です。新型コロナにより影響を受けた、営業・事業活動をされている方々に、
何らかのかたちで協力したいと考えています。
同じようにお考えの方、アイデアある方、何ができるかわからないけど気になっている事業者がある方、
ご連絡頂けたら嬉しいです(事業者の方もぜひ)。
つなぎ堂 長谷山 tsunagi-dou@ac.auone-net.jp 080-3410-2011

一例として「先払いチケット」販売や、お客様などからの資金調達(ファンディング)などを下記にご紹介します。
こうした仕組みに関心ある方もぜひご連絡ください。事業者によって最適な方法は異なると思いますので、
「クラウドじゃないファンディング」も含めて、各々にあった方法を相談したいと思います。

●「未来のお客さんになろう! キッチハイク」https://kitchhike.com/
●「さきめし」=ごちそうさまの先払いhttps://www.sakimeshi.com/teaser/
●【新型コロナウイルスに起因するイベントの中止・延期・代替開催及び損害を受けた興行場・飲食店・
宿泊施設等支援プログラム(クラウドファンディング運営会社:Motion Gallery)】(申請締切5/31です!)
https://motion-gallery.net/blog/suportprogram

| 団体からのお知らせ | 15:00 | comments(0) | - | - |
Cafe POPで全額たまが使用できます

これまでも「たま」が使用できていたのに、皆様に広報するのが遅れてしまい、今回、「たま」が使用できると表示した緑のステッカーをお店に貼っていただいたので、お知らせします。  


向ケ丘遊園の大踏切の近くのCafé POP (運営は団体会員の療育ねっとわーく川崎)がカフェメニューについては、お好きなだけたまが使用できます。
ただし、営業時間は月〜木曜(祝日は休み)11時〜15時 です。

以下は療育ネットワークのHPからの転載です。

 

病気や障害があっても、家族に囲まれ地域での生活を豊かに過ごすこと、そして、家族もまた一人の人間として豊かな生活を 送ること、この二つを両立させるためには、 家族全体を支える地域の力が必要です。
ひとりひとりの生活を豊かにするケアを家 族だけに任せない、そんな地域の力を集める場所、これが療育ねっとわーく川崎です。

大きめのベットもある車イストイレもあります。靴を脱いでのんびりできるくつろぎスペースもありますので、小さな赤ちゃん連れの方もどうぞ安心してきてください。


飲み物(¥100〜)をご注文いただければパンやおにぎり、離乳食など軽食お持ち込みで召し上がっていただけます。
大人数でのご利用などは、お問合せください。
rond2981.jimdofree.com/事業内容-1/cafepop/  左がHPです。

| 団体からのお知らせ | 17:40 | - | - | - |
こども食堂home 調理ボランティア募集

団体会員の「こども食堂home」さんからの募集です。

 

今月、調理ボランティアの方のご都合が悪くなってしまったので、手伝ってくださる方を探しているそうです。
できそうな方いらっしゃったら、下記、やぶさんまでご連絡お願いします。

こども食堂homeの、やぶさとしさんより
----------------------------
《こども食堂home》では今月25日(火)厨房で調理をしていただける方を募集しています。
買い出しやメニューを考える必要はありません。調理だけで構いません。
homeは、月一回第四火曜に久地駅にあるたまりばーるを使わせてもらい、ボランティアの手で開催しています。
時間は15時から19時くらいまでです。
メニューは簡単なもの《ハヤシライス》になる予定です。
数は多くても30食くらいです。交通費がかかる場合は支給します。>
「作るのが好き」な方、「こども食堂ってどんな感じだろう」と興味のある方も歓迎します。

| 団体からのお知らせ | 21:33 | comments(0) | - | - |
保育園で使うベビーカーゆずってください

保育園「さっちゃんち」のスタッフさんからのご依頼です。
今は使っていないベビーカーがご自宅で眠っていたら、保育園で新たに活用して頂くのはいかがでしょうか?
-------------------------------


「さっちゃんち」は、0〜2歳児中心の、小さな保育園です。
使っていない折りたたみ式のベビーカーがあれば、ゆずってください。
使用可能であれば、古くても構いません。取りに伺います。
お礼に地域通貨たまを差し上げます。
 

| 団体からのお知らせ | 21:49 | comments(0) | - | - |
多摩区でプレーパークをやっちゃおう会が団体会員に!

中野島で活動をしている「多摩区でプレーパークをやっちゃおう会(たまプレ)」さんが、地域通貨たまの団体会員として入会されましたのでご紹介します。

 

団体名「多摩区でプレーパークをやっちゃおう会(たまプレ)」
活動内容:こどもたちが外で思いきり遊べるよう、また、保護者のみなさんが安心して育児ができ、こどもの遊びを通して地域の方々が元気になれるよう、プレーパーク(遊び場)や子育て広場、地域の広場をしています。
・好きな時間に出入り自由(原則無料、予約不要)。

 ※「のきたま〜」は要申込み。
・一人でも友だちとでも、子どもも大人も

・遊びは自由な時間、遊ぶ・遊ばないは君次第!

 

主に活動している日時、地域:

●すいたま〜(第2水曜10〜17時)&どったま〜(第4土曜11〜17時):中野島中央公園
●のきたま〜(原則第4日曜10〜13時):中野島多摩川住宅第1集会所、近隣のプレイロット
●えんたま〜(最終水曜日10〜12時):中野島多摩川住宅第1集会所


連絡先E-mailはこちら
ホームページは現在制作中!

 

☆たまをもらえる活動(下記をしてくださった方に、たまをお礼に渡します)
 遊び場の見守り・一緒に遊ぶ・相談に乗る・準備や片づけの手伝い/通信やチラシの印刷・配付・発送作業/イベントの手伝い

 

☆たまを使える(下記の支払に、たまが使えます。具体的な額は決まり次第お知らせします)
 イベント時の支払いの一部/参加費の一部/寄付

| 団体からのお知らせ | 13:09 | comments(0) | - | - |
2月28日こども食堂homeへご協力のお願い

こども食堂homeの開催場所、カフェたまりばーるのかなやまです。

 

2月で4回目になるこども食堂home。先月のこども食堂home にご協力をお願いしたところ、お米、チーズ、じゃがいも、1コイン募金などのご協力をいただきました。

本当にありがとうございます。

1月は、寒さもあって、参加者は少なかったですが、ゆっくり過ごしてくださって、それもまたいいかな、と思いました。

2月の開催に向けて、いろんな方々に来てもらって、
H ホッとする O おいしいご飯 M みんなの E えがお

な、こども食堂をみなさんと一緒に作っていきたいと思います。

 

それでは、ご協力のお願いです。
2月のこども食堂は、28日(火)18時〜20時
献立は、洋食屋さんのような手づくりビーフコロッケ、大根とお揚げの旨煮、きんぴらごぼう、青菜のおひたし、えのき茸と若芽のおすまし、ご飯 です。

 

食材とかのご寄付のお願い:カフェたまりばーるに21日〜26日に ご持参いただけたら、とってもありがたいです。
☆お米☆じゃがいも☆玉ねぎ☆国産小麦粉☆大根☆薄揚げ☆パン粉☆ごぼう☆乾燥ワカメ☆そのほか保存のきく食材 何でもいいです(^_^)v

また、一人分の材料費500円の1コイン募金もとって〜も とって〜〜もありがたいです\(^_^)/


それから、それから、こども食堂homeの賛助会員を募集しています。

お問い合わせ、ご連絡先は、こども食堂home メールアドレス
kodomohome92☆gmail.com(☆を@に変えてください)
カフェたまりばーる 044-813-5248

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m(_ _)m


  「食でつながる まちに居場所を まちが居場所に こども食堂home」

| 団体からのお知らせ | 13:28 | comments(0) | - | - |
1月24日の「こども食堂home」ご協力のお願い

こども食堂homeの開催場所、カフェたまりばーるのかなやまです。

 

1月で、3回目になりますこども食堂home。

1回目も2回目も、地域の親子の方中心に25人余りの方々が来てくださって、楽しく美味しく、一緒に晩ご飯を食べました。

まだまだ駆け出しで、課題いっぱいですが、
H ホッとする
O おいしいご飯
M みんなの
E えがお
な、こども食堂をみなさんと一緒に作っていきたいと思います。

 

それで、ご協力のお願いです。
1月のこども食堂は、来週、24日(火)18時〜20時
献立は、あつあつポテトグラタン、カボチャの旨煮、大豆と切り干し大根の煮物、彩りピクルス、にゅうめん、ご飯 です(^_^)v

 

●食材とかのご寄付のお願い
カフェたまりばーるに18日〜22日にご連絡の上、ご持参いただけたら、とってもありがたいです。
お米/じゃがいも/玉ねぎ/国産小麦粉/人参/カボチャ/とろけるチーズ/バター
また、一人分の材料費 500円の1コイン募金も、とって〜もありがたいです。


それから、それから、こども食堂homeの賛助会員を募集しています。
お問い合わせ、ご連絡先は、こども食堂home 
メールアドレス kodomohome92☆gmail.com

(☆を@に変えてください)

 

カフェたまりばーる 044-813-5248
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m(_ _)m
「まちに居場所を まちが居場所に こども食堂home」(以上)


facebookにも報告が載っています。
(登録していなくても、ログイン画面で「後で」をクリックすれば見られます)

| 団体からのお知らせ | 22:04 | comments(0) | - | - |
昔遊びの物品ゆずってください(たまプレ@堰)

たま団体会員の「多摩区でプレーパークをやっちゃおう会@堰(たまプレ@堰)」さんからのお願いです!

 

「自分の頭と心で『やってみたい』と思った遊びを自分の責任で自由に遊ぶ」ことをモットーにして、多摩区堰にて活動しています!

私達が活動で良く遊ぶ昔遊びの物品が足りなく、もし家で眠っているものがありましたらお譲り頂けませんか?

お礼にたまを差し上げます。


●【譲って頂きたいもの】

こま(ぶりき、木ごま(2〜3)/コマの紐/ベーゴマ/ベー床(1)/けんだま2〜3/だるまおとし/おはじき(2袋)。

けん玉の紐が切れている物でも直せますので玉と持ち手があれば欲しいです。

こちらから取りに伺います。よろしくお願い致します。


ゆずれるよという方は、いったん、つなぎ堂

tsunagi-dou☆ac.auone-net.jp
へご連絡ください。

(☆を@に変えてください)

| 団体からのお知らせ | 22:32 | comments(0) | - | - |
川崎きた作業所・はっぴわーくさんが「たま団体会員」登録!

NPO法人「たま・あさお精神保健福祉をすすめる会」さんが登戸で運営している「川崎きた作業所」「はっぴわーく」が地域通貨たま団体会員になりました。

二つの事業所は同じ建物です。


川埼きた作業所は「地域活動支援センター」として、作業、レクリエーション、グループミーティングなどを通して地域の中で自分らしい生活をおくることを目的に、アクリルたわしやマスコット・エプロンなどの手芸品づくりをされています。

 

はっぴわーくは「就労継続支援B型作業所」として、「働きたい」ニーズの充足や生活の充実を目的に、軽作業やジャム作りなどをしています。


12月3日にはミニバザーが開催されます。このために献品してくださった方には、団体から地域通貨たまをお礼として渡して頂きました。

ぜひミニバザーにも足を運んでみてください。


団体名:「川崎きた作業所」&「はっぴわーく」

場所:多摩区登戸2959
活動日時:月〜金 9〜17時 電話&FAX:044−299−6367


☆たまをもらえる:ミニバザーでの献品の協力時に差し上げる

(今回の受付は終了)

 

●●川崎きた作業所・はっぴわーく ミニバザーのお知らせ●●
日時:12月3日(土)11〜14時 会場:上記事業所(多摩区登戸2959)にて。
手作り品(手芸品、手作り無添加生ジャム、ハーブティー、クッキーなど)、バザー(日用雑貨、食器、衣類など)、お食事(カレーライス、おしるこ)などがあります!
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

| 団体からのお知らせ | 22:48 | comments(0) | - | - |
「大谷自治会」で、たまの実験的取組進行中!

枡形五丁目内を区域とする「大谷(おおやと)自治会」では、昨年12月から実験的に、地域通貨たまを活用する取組みを行っています。

この取組みは、たま個人会員でもある自治会長のホンダさんから「たまの仕組みを使って自治会活動を活性化できないか?」とご相談があり検討が始まりました。


通常、たまの団体会員は、非営利で、初めての方でも、誰でも気軽にできる活動をしていることが条件となっています。

自治会は互助組織のため、この条件には当てはまりませんが、たま運営委員会に諮ったところ、非営利であることと、地域での互助活動が重要となる中、たまを活用出来たらよい事例となるのではないかと、自治会費をたまで受け入れて頂くことを条件として、実験的に、団体会員と同様にたま事務局から2万たまを寄付することが承認されました。


その後の活動報告をホンダさんより頂きましたので、下記にご紹介します。
------------------------------------
大谷自治会は、平成27年12月に、地域通貨たま団体会員と同様に2万たまを寄付して頂くことが実験的に認められました。

きっかけは、その年の9月頃にご主人を亡くされた、自治会員の主婦からの相談でした。

その主婦の方は介護が必要で、特に歩行が困難でした。

川崎市ではゴミの分別回収が行われていますが、家からゴミを自治会で決められたゴミ集積場所までどなたかに持って行っていただけないかということでした。

そこでまず地域通貨たまに個人加入をしていただき、ゴミの上に50たまを置いていただければご近所のどなたかがゴミを運ぶようにお願いしました。
一方川崎市では、地域包括ケアシステムの推進を進めています。

これは地域での互助活動が求められています。

しかしすべての手助けを無償で行うことの難しさをこれまで経験してきました。

そこで自治会の役員会議の了承を得て江田さんに相談しました。
現在自治会ではたまを次の様に運用しています。
 

続きを読む >>
| 団体からのお知らせ | 14:09 | comments(0) | - | - |