PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

地域通貨「たま」のわ

地域通貨「たま」は多摩区の中をぐるぐる回るお礼の気持ちです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
2019年度地域通貨たま活動報告

(現金及びたまの会計報告も含む)

会員数の状況(2020年3月末現在

■事業者:新規5店(シャンティ、ポップ、まちもりカフェ、つちぼとけ教室2)、閉店・退会7店(コルティヴァーレ、カプリシュー、カルペディエム、安田音楽教室、もみじ亭、たまりばーる、大月珈琲店)、

現在事業所数:59事業所 地区別事業者数(向ヶ丘遊園・登戸駅周辺:36、読売ランド駅周辺:4、生田駅周辺:3、稲田堤駅周辺:3、宿河原駅周辺:3、中野島駅周辺:5、固定店なし:5)      

■個人:新規会員26名→144

■団体:市民活動団体 新規1団体(三田サポートわなり)→ 25団体

    町内会・自治会会員新規入会なし→1団体

 

活動報告(2019年4月〜2020年3月

■町内会・自治会会員を新設

該当会員の加入促進をはかることをめざし、独自の説明会開催をすることはできなかったが、大谷自治会として本多さんの紹介で、1自治会から問い合わせがあり、個別説明を行った。ただし、コロナ関連で、その後連絡ができなかった。

運営委員会の開催

年2回開催(活動報告と次回までの計画提示)⇒6月18日・2月18日に開催。

2回とも多摩区役所総務課担当者が出席。

「100%たま楽市」の開催

☆4月14日(日)11時半〜15時 生田根岸跨線橋下公園で

昨年の根岸跨線橋下公園で継続したい、という希望で、地域の子ども会の人たちにも協力呼び掛けて実施した。子どもたちが多く来てくれて、事務局でも出店をして、にぎやかに90数名の参加があった。またその時に新規に会員になってくれた方が16名、7600円の寄付(これはたまの売り上げとして戻ってきている)があった。

☆11月24日(日)11時半〜15時 生田根岸跨線橋下公園で

 前回は参加人数も多く、好評だったので、再度同じ場所で実施。今回からは「たま楽市実行委員会主催」に、ということで、実行委員会を9月に開き、そこでたま楽市の日程を決め、10月に2回の準備のための実行委員会を開催した。当日まで3回実行委員会を行い、5,6名の参加だったが、準備なども皆で協力して行うことができた。

 ただ、たま楽市そのものの参加者は少なく、でも前回が多くて大変だった、という意見もあり、

今回のようなまったりとした、ゆったりした自分たちも楽しめるのも良いかも、という意見も。

新規加入会員4名、7,250円の寄付があった。

地域通貨国際会議へ事務局3名参加:9月岐阜県飛騨高山

専修大学西部先生の紹介で、ポスター展示と分科会「日本の長寿地域通貨 サステナビリティの秘訣」の報告として参加。この分科会は4団体が報告したが、どこも継続には苦労している様子が見えた。他の地域通貨の発表を聞いて、刺激になった。この報告会を10月に計画していたが、台風のため12月に延期してたま交流会として行った。

■地域通貨の学習会:7月4日 講師:西部先生、専修大学学生ほか参加者4名

    地域通貨についての質問に答えられるように、学習を事務局員がしたいと企画。

双方向メーリングリスト2018年12月スタート 

 現在18名参加 今年のメール数約50通 4.2通/1か月

  →課題:参加者を増やし、マッチングがうまくいく体制を作り、MLの有効感が感じられるようにしなければ。    今年度の交換ヒットNO1は、一人暮らしを始める方がお布団を欲しい、との依頼に、すぐ「たま」での譲渡が成立! 

たまカフェ7月、12月、 2月にルグランで開催。(10月のカフェ予定は台風で中止)

 →課題:2か月に1回ぐらい色々な場所でできれば良い。

ルグラン展示 12月、2月開催

たまのわニュース送信:今年度は26回発行(メール送信者197名)

  →課題:事業者12店と個人2名へFAX。3事業者から受信拒否。事業者への内容は、今後要検討。

■その他

 ・たまが使えるイベント:大野さん宅 住み開き/MUKU上映会など/韋駄天カフェ/ダーツ体験会/クラウンふくろこうじショー/つなぎ堂主催(ちくちくの輪/忠兵衛飲み会/みみ会)

・ゆずって、ゆずります:テレフォンカード/クーラーボックスとサッカーボール/植物/野菜/布団など

・できることお願い:電子レンジ情報/床にヒノキを敷く/ジーンズ裾上げ/団体会員こども食堂homeボランティア/たまりばーる片づけ手伝い

 

 

会計報告

2019年度「円」会計報告  (2019年4月1日〜2020年3月31日)

◆収入        単位:円)
項 目  金 額    備 考
入会金 12,500  25人×500円
寄付 17,350  同額のたまをお礼に
その他(ボーナス) 2,000  会員の1年1回の500円で1500たま
  合計 31,850  
◆支出
 項 目  金 額  備 考
印刷コピー代   4,250  チラシ・リーフレットなど
消耗品   2,277  紙代
通信費(たまのわニュース)   2,467  FAX代、切手代
HPサーバー代   1,901  
たまマルシェ   5,951  事務局出店の材料費など
その他   1,120  保険料
  合計   17,966  

 

前期繰越   118,114
今期収支差額 13,884
現在ある現金合計 131,998

 

2019年度「たま」会計報告(2019年4月1日〜2020年3月31日)

◆収入           (単位:たま)
  項目   たま額    備考
入会 500  入会1人 500たま
出店料・売上 12,800  事務局出店の売り上げ
参加費 900  学習会参加費
  合計 14,200  

 

 

◆支出
  項目   たま額    備考
入会 37,500  500円の入会で1500たまをお礼として
現金寄付のお礼 17,350  現金を寄付してくださるとどうがくのたまを   お礼に
ボランティア・参加
協力等のお礼
56,600  
見本 300  見本として差し上げる
団体へ寄付 89,700  団体館員への寄付1団体上限2万たままで
その他(ボーナス) 6,000  会員は1年に1回500円と1500たま交換可
会場費使用料 2,400  
   合計 209,850  

 

今年度収支          -195,650
前期繰越 965,800
次期繰越

770,150

 

4.現在の大きな課題について/2020年の課題

 ■事業者会員に貯まった「たま」の使い道。「たま」の循環をもっと広げるためには

「たまりばーる」店主より 閉店のため、残ったたまの使い道の提案が求められた。

→片づけなど手伝いを依頼、残った分は円のお釣りの代わりに渡すなど

「ルグラン」に貯まった「たま」の使い道について

お店側は、たまが貯まることが損だとは考えていないが、ルグランだけが突出して使われていることや、どんな人かわからない方が全額使っていくのは、たまの主旨にそぐわないのではと感じているとのこと。

→ルグランの方に「たまのコミュニティ」を感じて頂けることが大事。今後「ルグランのたまの使い道を考えるチーム」をつくる。

 

| たまの運営報告 | 18:19 | comments(0) | - | - |
2019年度 第1回たま運営委員会の報告

遅ればせながら、6月18日に開催した2019年度1回目の運営委員会の報告です。

 

多摩区役所企画課の担当職員のオブザーバーを含め、8名参加。
主な議題は2018年度活動報告と決算書の承認です。

 

【2018年度活動報告】
・会員数は2018年度末の個人会員:新入会員16名→118名、

 市民活動団体:新入団体1団体→24団体、町内会・自治会会員:1団体、
 事業者会員:新規1店、閉店3店、退会2店→60事業者。

・「たま100%マルシェ」を7月と11月に2回開催

・「今後のたまを話し合う会」を3回開催

・「たま運営委員会」定例会2回開催

・専修大学西部ゼミとの連携

 ・学生が事業者会員へのインタビュー調査などを実施
 ・7月16日に専修大学社会科学研究所「地域通貨の現在」シンポジウムで「たま」の報告
・障がい者の地域活動支援センターが関わって、たまを活用して、利用者が地域に出ていくきっかけづくりをした
・会員の交流ツールとして双方向ML開設、

・メールマガジン「たまのわニュース」発行19回

 

【2018年度決算報告は】こちらをご覧ください。

| たまの運営報告 | 19:18 | comments(0) | - | - |
2018年度 会計収支報告(円&たま)

地域通貨たまのわネットワークの、2018年度会計報告です。

6月18日に開催された「たま運営委員会」で承認されました。

「現金(円)」と「たま」、それぞれについて収支があります。

●現金(円)の2019年度への繰越額=118,114円

●たまの2019年度への繰越額=965,800たま

 

ご不明な点は、たま事務局までお問合せください。

 

 

また、過去近年の会計報告は下記からご覧になれます。

 

2015年度

2016年度

2017年度

| たまの運営報告 | 22:29 | comments(0) | - | - |
2018年度 第2回地域通貨たま運営委員会について

本日2月14日の地域通貨たま運営委員会について


多摩区役所7階の区民交流センター会議室で「2018年度 第2回地域通貨たま運営委員会」を行いました。

運営委員会は「地域通貨たま運営委員」により会則に従って開かれる決定機関です。
運営委員会には多摩区役所の企画課の担当者の方が必ずオブザーバーとして参加されます。
会計の中間報告や今年度の活動報告、次年度の活動計画などについて話し合いました。

| たまの運営報告 | 19:49 | comments(0) | - | - |
双方向メーリングリストへぜひ登録を!

地域通貨たま会員の「双方向メーリングリスト」がスタートします。

登録は希望者のみですが、ぜひたくさんの方にご登録頂きたいです、よろしくお願いします!

 

◆メーリングリストの目的

「地域通貨たま」の会員同士が直接メールで情報交換を行うことによって「たま」の流通を活性化することを目的とし、11月から地域通貨たま 双方向メーリングリスト(まだ名前が決まっていません)の運用を始めます。
これは「地域通貨たま」の会員同士のネット上のコミュニティです。

続きを読む >>
| たまの運営報告 | 09:06 | comments(0) | - | - |
2017年度 会計収支報告(円&たま)

地域通貨たまのわネットワークの、2017年度会計報告です。

「現金(円)」と「たま」、それぞれについて収支があります。

●現金(円)の2018年度への繰越額=138,942円

●たまの2018年度への繰越額=106,600たま

 

ご不明な点は、たま事務局までお問合せください。

 

| たまの運営報告 | 13:24 | comments(0) | - | - |
2016年度 会計収支報告(円&たま)

地域通貨たまのわネットワークの、2016年度会計報告です。

「現金(円)」と「たま」、それぞれについて収支があります。

●現金(円)の2017年度への繰越額=139,423円

●たまの2017年度への繰越額=204,450たま

 

ご不明な点は、たま事務局までお問合せください。

 

| たまの運営報告 | 13:18 | comments(0) | - | - |
2016年度第2回たま運営委員会報告

1月23日、地域通貨「たま」運営委員会を開催。


この運営委員会は年2回開催し、多摩区役所の担当係長にもオブザーバーとして出席していただき、活動報告をし、今後の方針についてもご意見を出していただく大事な会議です。

 

今年度は「不特定多数よりも、顔の見えるつながりづくりを大事にする」という方向で、これまで緑化センターまつりの中で行った「たま楽市」を開催しませんでした。

 

その代り生田緑地ツアーやオープンハウスや〇〇居酒屋など、個人会員宅でのミニパーティなども開かれ、顔の見えるつながりづくりはいろいろ行われました。

 

また実験的取り組みとして始まった大谷自治会での地域通貨たまを活用した取り組みで(お掃除に出た方や役員会出席した場合たまを
さしあげ、町内会費1か月分をたまで支払い可とするなど)町内会での会話が増えた、という報告などがありました。

 

2017年度は「100%たま楽市」を行おう、地域にある資源から掘り出して材料にしたり、地域ルーツのお店をやりたい、とか10周年記念の楽しいことの話題も出ました。


ぜひ皆さんも10周年記念のアイディアを出してください!

| たまの運営報告 | 20:36 | comments(0) | - | - |
2015年度 会計収支報告(円&たま)

地域通貨たまのわネットワークの、2015年度会計報告です。

「現金(円)」と「たま」、それぞれについて収支があります。

●現金(円)の2016年度への繰越額=149,506円

●たまの2016年度への繰越額=370,950たま

 

ご不明な点は、たま事務局までお問合せください。

 

 

| たまの運営報告 | 22:10 | comments(0) | - | - |