PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

地域通貨「たま」のわ

地域通貨「たま」は多摩区の中をぐるぐる回るお礼の気持ちです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
「たま」で掃除機を頂きました!

たま事務局のサワコです。

 

昨年12月11号の「たまのわニュース」で
「遊友ひろばの事務所を掃除するために掃除機をたまで譲ってください」とお願いしたところ、
はせぴょんさんから掃除機を譲っていただくことができました!


おかげさまで長い間掃除が行き届かなかった遊友ひろばの事務所をきれいに掃除することができました♪

お礼が遅くなりましたが、はせぴょんさん、ありがとうございました!
 

| 団体がたまを活用! | 22:29 | comments(0) | - | - |
地域活動支援センター「アベク」さん、たまを活用!

「地域活動支援センター アベク」さんの最近のたま活用事例をご報告です☆

たまを直接使うだけでなく、たまをきっかけに地域のつながりが広がったとのこと!!

 

8月17日
アベク利用者さんと一緒にカルペディエムで、「1000たまでテラスの掃除・窓ガラス拭きをしてほしい。」をしました。
その後、「14:30〜15:30の間賄いを500たまで食べれます。」をして、シェフたちと一緒に賄いを食べました。
シェフも、利用者さんもとても喜んでくれました。

 

9月4日〜28日
地域通貨たまとのつながりで「ムビリンゴ」のお店を知り、利用者さんの作品を展示する「アベクいやしのアート展」を行いました。

 

9月15日
久地駅近くにあるオーガニックカフェたまりばーるに利用者さんと行って、お掃除のボランティアをしてきました。
利用者さんと一生懸命掃き掃除、拭き掃除、本の拭き掃除をしてました。お礼に地域通貨たまを頂きました。

 

9月29日
カルペディウムよりお手伝いの依頼があり、大谷自治会の茶話会に料理の配膳をするボランティアを利用者さん達と一緒にしました。
終わった後で、地域通貨たまを使っておいしいランチを食べました。

 

10月23日
利用者さんと一緒にルグランに行き、地域通貨たまを使って、生姜焼きランチとサラダバーを食べました。
その後、たまりばーるに行き、お掃除をしました。また、地域通貨たまをもらって、利用者さんもまたご飯を食べに行きたいとやる気になっています。

 

詳しくは、アベクフェイスブックにアクセス願います。


 

| 団体がたまを活用! | 21:43 | comments(0) | - | - |
見つかりました(こども食堂 調理ボランティア)

先日募集した、こども食堂homeの調理ボランティアは、してくださる方が見つかったそうです!

申し出てくださった方、気にかけてくださった方、ありがとうございました!

(下記、こども食堂homeから)

こども食堂の調理ボランティアさんは、おかげさまでお願いできました。
みなさん、気にかけてくださってありがとうございます。
美味しい食卓をみんなで囲みたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

| 団体がたまを活用! | 21:34 | comments(0) | - | - |
見つかりました(リーフレット修正ボランティア)

昨日募集したリーフレットの修正ボランティアは、助っ人が見つかりました。
ありがとうございました。
またこのような時は、ご協力お願いしまーす!

| 団体がたまを活用! | 21:38 | comments(0) | - | - |
見つかりました(保育園で使うベビーカー)

先日募集した使っていないベビーカーですが、ゆずってくださる方が見つかり、保育園に引き取られました。
ありがとうございました!

これで、地域通貨たまを介してのベビーカーのやりとりは4件になりました。

今後も、何かゆずれるよ〜って方、欲しいって方は、どうぞお気軽に募集してみて下さい。

| 団体がたまを活用! | 21:53 | comments(0) | - | - |
大谷自治会 たまを使って活性化中!

初めての「自治会会員」として正式登録になった、枡形地域の「大谷(おおやと)自治会」。

その活動報告を、たま個人会員でもある自治会長のホンダさんより頂きましたので、下記にご紹介します。


------------------------------------
大谷自治会は、平成27年12月に、地域通貨たま団体会員と同様に2万たまを寄付して頂くことが実験的に認められました。

きっかけは、その年の9月頃にご主人を亡くされた、自治会員の主婦からの相談でした。

その主婦の方は介護が必要で、特に歩行が困難でした。

川崎市ではゴミの分別回収が行われていますが、家からゴミを自治会で決められたゴミ集積場所までどなたかに持って行っていただけないかということでした。

 

そこでまず地域通貨たまに個人加入をしていただき、ゴミの上に50たまを置いていただければご近所のどなたかがゴミを運ぶようにお願いしました。


一方川崎市では、地域包括ケアシステムの推進を進めています。

これは地域での互助活動が求められています。

しかしすべての手助けを無償で行うことの難しさをこれまで経験してきました。

そこで自治会の役員会議の了承を得て江田さんに相談しました。
現在自治会ではたまを次の様に運用しています。

 

 

)莊鄲茖影曜日9時から約30分の自治会内の清掃の参加者に50たま
 ⇒以前は30人くらいの参加者でした。

  子供にもたまをさしあげました。

  すると最近では子供も含めて50人以上の方が参加するようになりました。

  そしてご近所での会話が弾むようになりました。


年2回の美化運動時は100たま


自治会費(300円/月)の1ヶ月分を上限にたまで支払うことができる

     ※300たままで支払うことができる


ぬ魄会議の参加者に茶菓子の代わりに100たま


イ修梁昭治会のために活動(労働)していただいた時にそれ相当分をたまで支払う。

 例:自治会のゴミ集積場の木製のゴミ箱の修理に200たま/人


今年の総会時には江田さんからたまの活用についてお話しをしていただきました。

スタートして約9か月が経ち、たまに対する親しみがわいてきたようです。

もうしばらくたてばこの地域通貨たまは互助活動のいい媒体になると確信して、今後も続けて行く積りです。


執筆責任者:大谷自治会会長)ホンダ

| 団体がたまを活用! | 21:26 | comments(0) | - | - |